このクソブログにしてこの管理人 

2024.07.09.Tue.00:48
愚痴、自分語りになりますが、すいません。
更新を停止していた頃はロクに書き上げもしないくせに、認められたいとつまらない自己顕示欲ばかりが増して創作に嫌気がさしていました。
そしてクソブログ管理人は更新さえすればたとえ粗製乱造のゴミクズであってもアクセス数を稼げると、原稿用紙一枚にも満たない稚拙な描写の駄文を毎日書いて、ランキングだのに一喜一憂して、どうしようもなく惨めだったと、今更ながら思います。
実際まともに描写と呼べるものは皆無で、ただひたすら説明、比喩を繰り返す書き殴りばかり、全ては管理人の無能が招いた結果。
当然、誰かに評価されるわけもありません。
結局は楽したかったのです。
たかだか一枚分、書いて終われると。
更新を断ち、ゲームの記事を書いて拍手なんか貰えると嬉しい反面これでいいのかと、心底喜べずに居たのは創作への無責任さに由るものでした。
にも関わらず、自分では無くゲームを責めて慰めていました。
こんなゴミ記事を投稿したのは、誠意を見せる為にも半端に書くのはもう終わりにしたいからです。
来月で丁度一年経ちますので、この機会に変わりたい。
私事ですが戒めの意味を込め、一番見えやすい所に投稿させてもらいます。

2014年7月9日

ここからは自分語り。
創作活動を行う人は自分含め、布教活動、修行等の為に各地を転々とする遊行僧として映ります。
家庭も持たず屋外で野営をして、ただ自分の信じる教えを伝えんとする精神性など自分は持ち合わせていませんし、個人の価値観と思想、宗教を一緒くたにするのは荒唐無稽に思われるかもしれませんが、場所や時代を問わず、一瞬でも感性を共有出来たならそれは物書き、表現者としての喜びとさして変わりません。

最後に創作活動をする人達へ。
評価は他者が決める指標でしかないので、それを絶対とするのはあまりに危険。
気にしている人はランキングだのコメントだの見ないよう習慣付けるのが、一番です。
悪く言われた訳でも無い、特に文句の無い作品ってこと? なら別に良いかと片意地張らずにやれるのはアマチュアだけなんですから、それを苦痛にしてしまうのはあまりに勿体無い。
多くの人に見られるまで、評価は無い物と扱うのが賢明なんじゃないでしょうか。

以上過疎ブログ管理人の戯言でした。
スポンサーサイト

学校の怪談 主要人物紹介+設定の悩みなど

2017.08.24.Thu.12:00
自作小説「学校の怪談」の主要人物の簡単な紹介をしていきます。
ではどうぞ。



野村圭介(のむら・けいすけ)

新緑高校の新聞部に所属する一年生。
副部長である宮崎に促され、先輩たちに怪談を聞いて回ることに。

木下栄作(きのしたえいさく)

スポーツをこよなく愛する二年生。
ツンツンとした坊主頭のいかにも体育会系の人物。
怪談も運動部で起きた出来事に関するものが多い。

藤見穣(ふじみみのる)

おかっぱ頭の陰気そうな雰囲気の漂う、民族学研究部の二年生。
覇気がなさそうに見えるが、興味のある事柄には熱心に取り組む。
民族学や都市伝説、オカルトなどを絡めた怪談話をする。

丸岡一(まるおかはじめ)

帰宅部に入っており、ぽっこりとお腹のでた肥満体質が特徴的の男子。
愛嬌のある性格で交友が広い。
最もよくするのはトイレに関係がある怪談話だ。

望月康裕(もちづきやすひろ)










宮崎克彦(みやざきかつひこ)



掌編恋愛小説 「いつもより暑い夏」 その3

2017.08.20.Sun.17:00
着替えを済ませ軽くシャワーを浴び、プール場に行くと、カルキの刺激臭が鼻腔を襲う。
普段から嗅ぎ慣れているが、人が多いからか、高校のプールよりもきつい臭いな気がした。
周りを見渡したが、原田はまだ居ない。
素っ裸になってパンツを履くだけの男と比べると、女子は時間が掛かるようだ。
プールは縦25m横12mに6コースの一般的なものと、仕切りのない小さめな多目的プールの二面に分かれている。
建物の東側は一面ガラス張りで、二階は吹き抜けで休憩室からプール全体を一望できる。
目地のあるタイル床はツルツルしており、走ったら素っ転んでしまいそうで、俺はこけないように足元を見ながら小さな歩幅で歩き、他の利用者の邪魔にならないよう、壁際で準備運動を始めた。
あくまで原田のカナズチを治すためであって、本格的な運動はしないだろうが、万が一のことがあったら取り返しがつかないし、しっかり筋肉を暖めておかないと。
体を動かしていると、しばらくしてから原田はやってきた。
紺のスクール水着を着用していて縫い付けられたゼッケンには、「はらだ」と丸っこい文字で書かれている。
俺と同じで滑る床が怖いのか、ペンギンのようにつんのめって擦るように足を繰り出していて、その様子が可笑しくて俺は腹を抱えて笑った。
抑えようとしても歯と歯の隙間から笑いがこぼれて、どうにも抑えることができない。
原田は俺に近づくと、珍しいものでも見たようにこっちを凝視しつつ準備運動を始めた。
アップを終えると
「今日は私がバリバリ泳げるように『特訓』してくれるんですよねっ」
と、原田は目を爛々とさせる。
その瞳は眼前の俺ではなく、まるで泳げるようになった『特訓』後の未来の自分を見ているみたいだった。
だがあいにくなことに、俺はカナズチを1日で競泳選手に変える魔法など使えない。
夢心地で25mプールへ行こうとする原田を、「おい」と呼び止め制す。
「キミが泳ぐのは、あっちね」
俺は立てた親指で多目的プールを指し示した。
「あのぅ、小学生くらいのちっちゃな子しかいないんですけど」
「だからいいんじゃないか」
軽蔑を含んだ眼差しが向けられた。
こいつ、何か勘違いしてないか?
「あの子たちを見て気がつかないか? 多目的プールの方が水深は浅いんだ。底に足がつかないと怖がるかと思ってな」
「なるほど、先輩なりに私に配慮してくれていたんですね」
「分かってくれたならいいんだ。順々に慣れていこう」
プールの水上には、クモの巣のように見える水紋がゆらゆらと揺れている。
怪我しないよう細心の注意を払い、俺は爪先からゆっくりと入水した。
ぬるめの湯で長風呂してしまうことがあるが、このほどよい暖かさの温水プールもダラダラと浸かってしまいそうな心地よさで、思わず「ふぅ」と声が出た。
「よし、まずはいつもやってるようにプールに顔をつけてみて」
促すと、原田はプールサイドから四つん這いのポーズで水面に顔を突っ込む。
その様は、まるでフードボウルに入った水を飲む犬みたいだった。
「1.2.3……」
数字を数えていき、6のカウントで原田が勢いよく顔を上げ、鬱陶しそうに頭を振り乱すとあちこちに水滴が飛ぶ。
「どうでしたか」
原田が訊ねる。
ざっと見た感じだと、問題点は気泡が出ていないことだ。
水中で呼吸を止めていては、たとえ競泳をする上で必要な筋力や技術が身についたとしても、長い距離は泳げない。
後から覚えさせてもいいが、水に慣れるのに体の一部分だけでも水に触れることは有効だし、苦でないならついでに呼吸法も教えた方がいいだろう。
「まずは顔をつけて息を吐くようにならないと。できそうか?」
俺の問い掛けに原田は前腕を交差させ、バツ印を作って答えた。
「口に水が入ると、溺れたときを思い出すんです……」
考えていたより現状は厳しいらしい。
トラウマを思い出した原田は濡れた瞳を頻りに瞬きさせ、泪が落ちないように目に力を込めているからか、眉間に幾重もの深い皺が生じていた。
握り拳を作り、華奢な腕を微かに震わせているのは不甲斐ない自分への怒りだろうか。
ただただ明るく振る舞って本心を見せていなかった原田の心境を知る由もなかったが、誰にも直視されずに人々を照らし続ける太陽みたいな孤独だったろう。
「お前は自分を追い込みすぎるきらいがある。無理に治そうとしても、よくはならないよ。って、指導役の俺が言うべきじゃないなぁ」 原田は気丈にも顔を手で覆うと、体は陸に上がった魚のようにぴくぴくと跳ねていた。

掌編恋愛小説 「いつもより暑い夏」 その2

2017.08.18.Fri.12:00
道路を道なりに進むと、緩やかな弧を描く屋根の建物が見え、やっと服を着替えられるのかと俺は安堵のため息をこぼした。
シーズンだから想定していた通り、市民プールには涼みにきた家族連れの客でごった返している。
特に車場には、ずんぐりした車体の軽自動車が隙間なく駐車されており、その様子はさながら集団越冬するために、互いに体を密着させて寄り集まるテントウムシとでもいうべきか。
「夏だから混んでるな」
「そ~ですねぇ」
ちらりと横目で窺うと、原田は牛が牧草を反芻するみたいにワッフルコーンをちびちびかじっては咀嚼する動作を繰り返している。
「みっともないから、中に入る前に完食しろよ」
俺がいった途端原田は大口を開けて、素早く残ったコーンを放り込んでいった。
「味わってないで早く食え、バカ」
軽く頭を叩くと、ボリボリと小気味のいい音を立てて噛み砕きつつ、眉間に皺を寄せている。
正直自分より一回り小さい原田がどれだけ怒ったところで、全く怖くない。
チワワが柴犬に対してキャインキャイン吠えても、柴犬は意に介さないどころか、尻尾を振って好奇心を示すだけなのだ。
「ひぇんぱぅはぐどぉれふぅ」
食事しながら会話しようと試みているらしいが、言葉になっていない。
「先輩はブドウですぅ? 俺はブドウじゃないよん。ユ、ウ、カちゃん」
手に耳を当て、聞き返した。
俺がおちょくられていたら、口より先に鉄拳を飛ばしていたことだろう。
しかし原田の仕返しは可愛いもので、目を瞑り、舌を出して、あっかんべーしてくるだけだった。
ベロは淡い水色に染まっている。
そういえば、ミントアイスを頼んでたな。
出入口に近付くとガラス製の自動ドアが開き、むわっした熱風が一瞬吹き抜けたが、館内はクーラーがガンガン効いており、むしろ寒すぎるくらいだった。
子連れの夫婦ばかりでカップルと思しき二人組は少なく、行列に並ぶのは周りの目を考えると若干気恥ずかしかった。
「長蛇の列ですね」
「そうだな。アイスで手が汚れてるだろ。ほれ、ハンカチ」
「おっ、気が利きますねぇ」
「お前、何様だよ」
当たり障りのない会話がしばらく続いたが、会話にほとんど間がなかった。
ただ話すのが早いだけか?
内心では、焦っているのかもしれない。
「そんなに心配しないで大丈夫だから。笑って笑って」
俺は唇の両端をめいっぱい吊り上げた。
わざとらしい笑顔になっているだろうが、水への恐怖感を抱いていて、それでも文句一つ言わず健気に付いてきてくれている原田の気持ちを推し量ると、なんとかして緊張をほぐしてやりたかったのだ。
目が合うと原田はすぐ視線を外し
「き、昨日は何のテレビ観てました? 私は家族と一緒に『邪怨』を視聴してましたぁ」
と、動揺を誤魔化すようにまくしたてた。
「え~っと、四時間スペシャルの『心霊映像100連発』って番組。けど、動画サイトで見た映像ばっかでさ。つまんないから途中で消してメールの返事してたよ」
「へぇー、誰とやり取りしてたんですか」
「小早川と」
『小早川』、その名前を聞くと、原田は顎の外れた猫みたいな表情を浮かべていた。
「おいおい、どうした」
「いえ、なんでも。もうそろそろ私たちの番ですね」
正面に向き直るとイルカが口の上にボールを乗せた絵や、アシカが手を振る仕草をしている絵が描かれているガラス窓が目界に入る。
ポップな色彩で、小さな子どもが喜びそうだ。
子ども150円、大人300円の貼り紙が見え、使い古した布地のガマ口財布を取り出し小銭を用意した。
パソコンやスマートフォンを触っていると使わない機能ばかり豊富でうっとうしいが、がま口財布はその逆で必要な機能だけを標準装備していて好きだ。
「大人二人、お願いします」
「こちらロッカーキーです。紛失しないよう、ご注意ください」
会計を済ませ、受付のお姉さんに会釈すると、お姉さんはつまらなそうな顔をしているのにも関わらず、口許だけは緩んでいた。

掌編恋愛小説 「いつもより暑い夏」 その1

2017.08.16.Wed.12:00
肌を刺すように容赦なく照りつける七月の太陽を薄目を開けて見上げ、あまりの眩しさに思わず日差しを手で遮る。
が、その強烈な陽光は、瞼越しにもはっきりと伝わってきた。
目の前の風景は、陽炎のようにぼんやりゆらゆらとしていて、今見えている光景は現実ではないのではという錯覚すら覚える。
まるでサウナみたいな蒸し暑さだ。
どうにかならないのか。
白だった筈のタンクトップも汗が染み込みびしょびしょに塗れ、首元から胸の辺りにかけて黒くなっていて、服が肌に密着する感触は気持ち悪くてしょうがない。
ああ、そうだ。
水分摂らないと。
暑さでろくに頭が回らなかったが、コーチから再三指示されたことはしっかりと体が覚えていて、それだけが俺を突き動かした。
筒型のプールバックから生温い特製のスポーツドリンクを取り出すと、ラッパ飲みで中身を飲み干していく。
特製と銘打っているが、少量の塩と砂糖に水を注いで混ぜただけのなんの変哲もない液体だ。
癖や雑味がないから一年中飽きずに飲んでいるが、人肌の温度になっているからか、普段より体に深く浸透していく気がした。
いつも飲み終わった500mmサイズのペットボトルの容器に入れて持ち歩いているが、ペットボトルはへこんでしまい、もう使い物になりそうにない。
ゴミ箱に向かおうと立ち上がると、タバコの吸殻が目に入った。
「はぁ、マナーの悪いやつもいたもんだ」
ガードレールに掛けられた「タバコ ポイ捨て禁止」の横断幕に目を遣り、俺は独り言を言った。
吸殻ごとペットボトルを捨てると元いた駅前花壇の近くに設置されたベンチに座る。
早くしろ、早くしろ……。
心の中で呟きながらサンダルのゴム底で、白黒の市松模様の歩道を繰返し踏みつけ、苛立ちをぶつけた。
手首の腕時計を見ると時針は8を、分針は11と12の間を指している。
約束の時間は9時だから、もう少ししたら来るだろう。
その時だった。
「せんぱ~い、三好せんぱ~い、待たせちゃいましたかぁ」
麦わら帽子に白のワンピースを身に纏った少女が、気の抜けた声で言った。
黒目がちな瞳に耳を隠したショートヘア、小麦色に焼けた小柄な体の、見るからに快活そうなこの娘は原田夕花(はらだ・ゆうか)といい、6月頃に入部した水泳部の後輩だ。
慣れないヒールを履いているせいかおぼつかない足取りで、此方に向かってくるまでに何度も前のめりになり、その度に苦々しい笑顔を浮かべていた。
「ちゃんと普段から履き慣れた靴をだな……」
俺が注意すると、原田は不満気に口を尖らせ
「デートだから、おめかししたんです! 先輩には女心が分からないんですか!」
と、ハリセンボンみたいに頬っぺたを膨らませ、怒りを露にする。
って、デート?!
原田は俺とコーチの会話をよく聞いてなかったのか。
「勘違いしてるみたいだけど、これから『特訓』に行くんだぞ?」
俺が言い終えると原田は押し黙り、プツリと会話が途切れた。
都合が悪いとだんまりを決め込むのは、こいつのよくない癖だ。
「ずっとそうしてるつもりか」
文句を言いながらも、次の言葉を待った。
もしかしたら『特訓』が何を指しているのかを、原田は察しているのかもしれない。
なら、無理強いしてはいけないだろう。
それがせめてもの気遣いだ。
「どんな特訓するんですか……」
聞こえるか聞こえないかくらいの小声で、俺の耳元に届く。
帽子を目深に被っており、表情は見えなかったが、返答次第では泣き出してしまいそうな弱々しさを声から感じた。
「原田のカナズチを治ればいいなと思って、俺からコーチに進言したんだよ」
なるべく言葉を選んで、本心を伝えた。
少しは分かってくれたのか、うんうんと相槌を打って傾聴している。
「お前は練習熱心で素直だからカナズチさえ克服できれば、すぐにめきめき上達するよ。終わったら近場で気晴らしに遊……。いや、デートしようか」
「……わかりました。期待に恥じないように頑張ります。あっ、あそこのフィフティワン、五段重ねのアイスクリームで有名ですよね~」
俺とアイス屋を交互に見ながら、嫌らしい目つきでアイス屋を指差している。
口には出さなかったが、言外に奢ってほしいという心情を匂わせていた。
「ったく、現金なやつだなぁ」
(少しは元気になってくれたか)
普段明るいやつが落ち込んでいると、自分までつられて暗くなってしまう気がして、俺はいつも以上に原田を励ました。