このクソブログにしてこの管理人 

2024.07.09.Tue.00:48
愚痴、自分語りになりますが、すいません。
更新を停止していた頃はロクに書き上げもしないくせに、認められたいとつまらない自己顕示欲ばかりが増して創作に嫌気がさしていました。
そしてクソブログ管理人は更新さえすればたとえ粗製乱造のゴミクズであってもアクセス数を稼げると、原稿用紙一枚にも満たない稚拙な描写の駄文を毎日書いて、ランキングだのに一喜一憂して、どうしようもなく惨めだったと、今更ながら思います。
実際まともに描写と呼べるものは皆無で、ただひたすら説明、比喩を繰り返す書き殴りばかり、全ては管理人の無能が招いた結果。
当然、誰かに評価されるわけもありません。
結局は楽したかったのです。
たかだか一枚分、書いて終われると。
更新を断ち、ゲームの記事を書いて拍手なんか貰えると嬉しい反面これでいいのかと、心底喜べずに居たのは創作への無責任さに由るものでした。
にも関わらず、自分では無くゲームを責めて慰めていました。
こんなゴミ記事を投稿したのは、誠意を見せる為にも半端に書くのはもう終わりにしたいからです。
来月で丁度一年経ちますので、この機会に変わりたい。
私事ですが戒めの意味を込め、一番見えやすい所に投稿させてもらいます。

2014年7月9日

ここからは自分語り。
創作活動を行う人は自分含め、布教活動、修行等の為に各地を転々とする遊行僧として映ります。
家庭も持たず屋外で野営をして、ただ自分の信じる教えを伝えんとする精神性など自分は持ち合わせていませんし、個人の価値観と思想、宗教を一緒くたにするのは荒唐無稽に思われるかもしれませんが、場所や時代を問わず、一瞬でも感性を共有出来たならそれは物書き、表現者としての喜びとさして変わりません。

最後に創作活動をする人達へ。
評価は他者が決める指標でしかないので、それを絶対とするのはあまりに危険。
気にしている人はランキングだのコメントだの見ないよう習慣付けるのが、一番です。
悪く言われた訳でも無い、特に文句の無い作品ってこと? なら別に良いかと片意地張らずにやれるのはアマチュアだけなんですから、それを苦痛にしてしまうのはあまりに勿体無い。
多くの人に見られるまで、評価は無い物と扱うのが賢明なんじゃないでしょうか。

以上過疎ブログ管理人の戯言でした。
スポンサーサイト

良照と里鈴書き直し SURVIVOR 魂の殺害 第十二話 髪

2017.06.16.Fri.12:00
良照は玄関のドアに背中を合わせながら鈴音の着替えが終わるのを、今か今かと待っていた。
とにかく彼女の機嫌を損ねてはいけない。
必要以上に失敗を隠したりしないで、普段通りに接すればいいのだ。
その逸る心が行動にも出てしまっており、五年前に上京した時に購入した爪先の部分の丸い黒い革靴の靴底で、トンカチで釘を打つみたいに黒ずんだ外廊下のコンクリを、何度も何度も踏み付けていた。
「良照さーん、着替え終わりましたー」
扉越しに間延びした声が聞こえてくる。
中に入ると、毛糸の真っ白いセーターに青のカラーパンツを履いた彼女の姿が目に映った。
小柄ではあるものの均整の取れた身体つきで、外に出歩いていても充分恥ずかしくない格好になっている。
一緒に暮らしている間、前に比べて太ったと頻りに呟いているが、数ヶ月前と比較すると程好い贅肉が付いて、女であることを意識させる身体つきだ。
「じゃあ、行きましょうか」
良照が促すと
「あっ、良照さん。……このままだとみっともないのでお願いできますか?」
髪を自らの髪をひょいとつまむと、鈴音は卑屈な笑顔をした。
それが髪を梳かしてほしいという合図だった。

良照と里鈴書き直し SURVIVOR 魂の殺害 第十一話 安寧

2017.06.04.Sun.12:00
面接帰りの帰り道、陽気な天気とは裏腹に良照の心の中はどんよりと曇っていた。
頭の中に巡らせていた質問への返答も、雑談に終始して言えず終いで、いったい何の為に労力を割いていたのかと、自分で自分の真面目さが馬鹿らしく思えていた。
アパートの外階段の錆びた鉄板は踏みつける度に、ガシャンガシャンと鳴り、聴覚とノミの心臓を刺激する。
いつかこの鉄の段板が抜けて落ちてしまうんじゃないか、そんな不安ばかりが嫌でも頭を過ってしまう。
薄氷を踏むような心地とは、こういう感覚なのだろうか。
下を見ないようにしても、落ちてしまう妄想が掻き立てられ、年甲斐もなく自らの身体がぶるぶると震えているように感じる。
さながら気分は絞首台の十三階段を登る死刑囚だ。
恐怖に震えながらも何とか昇りきると、良照は安堵のため息を漏らした。
「ただいま、鈴音さん」
「お帰りなさい、面接は上手くいきましたか?」
「いえ、なかなか思い通りにはいかなくて……」
内心落ち込んでいたものの、何でもないとでもいう風なすました顔をして言った。
その様子を見て鈴音は押し黙ったまま、ぼんやりと立ち尽くしている。
気まずい沈黙が流れ、良照は徐々に表情をこわばらせた。
時折、射貫くような視線を彼女に投げかけてみても相形から感情らしいものは見えてこず、いったい彼女は何を考えているのだと、疑問ばかり膨らんでいった。
強がって感情を押し殺したことで、彼女へ心配を掛けてしまったのかもしれない。
いや、それとも興味がないから何も言葉を返さないのか。
今の自分と同じように考え事でもしているとか?
悲観的な感情が脳内で堂々巡りしてばかりで、会話が続かない。
外ではそんな彼の心境を知ってか知らずか松の木に止まった名前の通り目の周りが白い二匹の目白(メジロ)が肩に寄りかかるみたいに身体をぴったり密着させて、チュルチュルチュルと美しい囀りを響かせる。
しばらくそのままでいると、鈴音は唐突に
「大丈夫ですよ、きっと。気晴らしにどこか出掛けませんか?」
頬を桜の花弁のように仄かに染め、小さく目を見開いて囁いた。
唇を結んだまま噛み締めるように微笑む彼女の振る舞いには、少女らしからぬ上品さが漂っている。
悪いです、と反射的に言い掛けたが、その好意を無碍にはし辛く、彼は言葉を飲み込んだ。
「いいですね。昼食は外で済ませましょうか」
話を合わせると
「はいっ」
声の弾んだ快活な返事が返ってくる。
憂鬱な気持ちを吹き飛ばす無邪気な明るさに、少しだけ彼の心は軽くなった気がした。

良照と里鈴書き直し SURVIVOR 魂の殺害 第十話 公園

2017.05.28.Sun.12:00
腕時計の時針は九時を、分針は三十分と三十五分のちょうど間を指している。
腕時計を袖に隠すと良照は再び前を見据え、足早に歩き出した。
徒歩で十分程度の近場で、面接は十時から開始なので時間には若干の余裕があるのだが、絶対に遅刻はできないという義務感が、彼にそうさせた。
大丈夫だろうか、無事に面接をこなせるだろうか、重圧は否応なしに圧し掛かってくる。
「当社を志望された理由は?」
などと質問されても受け答えできるよう、数日前に事前に近くの図書館のPCでえのき食堂に関する情報を予め調べていたが、いざ本番になってあがらないとも限らない。
もう一度、覚えてきたことを確認しておきたい。
(御社の志望動機をお聞かせください……)
「はい、以前住んでいた地元の姉妹店で、友人と食事した際に友人が箸を落としてしまったのですが、それに気が付いた店員さんが嫌な顔一つせず、換えの箸を持ってきてくださったのがとても好印象でした。私もこのように働けたらと考え、ホールでの仕事を希望しました」
(好きなメニューはありますか?)
「はい、創業当初からあるカツ定食が大好きです。特製の甘辛ソースを衣に染み込ませて口に入れると、柔らかなロースの食感と共に芳醇な香りが口腔内に広がって、堪らなく幸せです」
頭の中に作り出した面接官の質問に、ぶつぶつ呟きながらふと立ち止まると、周りを木々が囲っており、朝だというのに、まるでその空間にだけ夜が訪れているかのようで薄気味が悪い公園が視界に映った。
最近は利用に球技の禁止にペットの散歩の禁止、喫煙や談笑の禁止など禁止事項ばかりが増えていき、どの公園でも肝心の子どもを見掛けなくなったが、此処も御多分に洩れず人っ子一人いなくなっている。
「砂場、鉄棒、上り棒、水道、ブランコ、滑り台、バネの遊具……。すごいな、いっぱいあるよ……。」
遠い昔を懐かしむ彼の細まった瞳は、まだ小学校に上がる前くらいの自らの姿をはっきりと捉えていた。

良照と里鈴書き直し SURVIVOR 魂の殺害 第九話 不安

2017.05.26.Fri.12:00
「良照さん、面接に受かるといいですね。いってらっしゃい」
「ありがとう、鈴音さん。行ってきます」
鈴音に送り出されて鉄の扉を閉めると、耳障りな鈍い金属音が鼓膜に突き刺さる。
頭に響くその音に、彼は思わず眉間に皺を寄せた。
これからどうなるのだろう……先のことを考えると、彼の悩みは尽きなかった。
好意で住まわせてもらえるのは有り難いが、次の賃貸を借りる為には敷金や礼金とまとまった金額が必要で、貯金できるまでの数ヶ月は此処に居着かせてもらわねば、また路頭に迷うことになる。
自分が来たせいで賃貸契約の違約金が発生してしまうかもしれない。
男と女が一つ屋根の下に住んでいることに対し、周りからよからぬ噂を立てられ、その結果彼女から疎んじられたりしないだろうか。
考えれば考えるほどに、痛みは酷くなっていくように感じた。
「ハァ、駄目だなぁ。面接に集中しないとな……」
脳みそのかき混ぜられるような感覚を覚えつつも、良照は自らを叱咤した。
首元を見遣って襟を正した後、白シャツをぽんぽんと軽く叩くと、彼は頼りない足取りで歩を進めていくのだった。