このクソブログにしてこの管理人 

2024.07.09.Tue.00:48
愚痴、自分語りになりますが、すいません。
更新を停止していた頃はロクに書き上げもしないくせに、認められたいとつまらない自己顕示欲ばかりが増して創作に嫌気がさしていました。
そしてクソブログ管理人は更新さえすればたとえ粗製乱造のゴミクズであってもアクセス数を稼げると、原稿用紙一枚にも満たない稚拙な描写の駄文を毎日書いて、ランキングだのに一喜一憂して、どうしようもなく惨めだったと、今更ながら思います。
実際まともに描写と呼べるものは皆無で、ただひたすら説明、比喩を繰り返す書き殴りばかり、全ては管理人の無能が招いた結果。
当然、誰かに評価されるわけもありません。
結局は楽したかったのです。
たかだか一枚分、書いて終われると。
更新を断ち、ゲームの記事を書いて拍手なんか貰えると嬉しい反面これでいいのかと、心底喜べずに居たのは創作への無責任さに由るものでした。
にも関わらず、自分では無くゲームを責めて慰めていました。
こんなゴミ記事を投稿したのは、誠意を見せる為にも半端に書くのはもう終わりにしたいからです。
来月で丁度一年経ちますので、この機会に変わりたい。
私事ですが戒めの意味を込め、一番見えやすい所に投稿させてもらいます。

2014年7月9日

ここからは自分語り。
創作活動を行う人は自分含め、布教活動、修行等の為に各地を転々とする遊行僧として映ります。
家庭も持たず屋外で野営をして、ただ自分の信じる教えを伝えんとする精神性など自分は持ち合わせていませんし、個人の価値観と思想、宗教を一緒くたにするのは荒唐無稽に思われるかもしれませんが、場所や時代を問わず、一瞬でも感性を共有出来たならそれは物書き、表現者としての喜びとさして変わりません。

最後に創作活動をする人達へ。
評価は他者が決める指標でしかないので、それを絶対とするのはあまりに危険。
気にしている人はランキングだのコメントだの見ないよう習慣付けるのが、一番です。
悪く言われた訳でも無い、特に文句の無い作品ってこと? なら別に良いかと片意地張らずにやれるのはアマチュアだけなんですから、それを苦痛にしてしまうのはあまりに勿体無い。
多くの人に見られるまで、評価は無い物と扱うのが賢明なんじゃないでしょうか。

以上過疎ブログ管理人の戯言でした。
スポンサーサイト

シャドウバース TOG環境を意識したセクシー確定サーチ型ミッドレンジヴァンパイア改良後

2017.04.09.Sun.17:50
セクシー確定サーチ型ミッドレンジヴァンパイア2.TOG

いろいろと試行錯誤した結果、こういった構築になりました。
3ターン目に置いたグリームニルは3点除去がなければ相手の攻撃を抑止できますし、盤面を取り易く、処理されにくいフォロワーとしてやはり必須だなと感じた為、3積みに戻しました。
アグロネクロを意識するなら、鋭利な一裂きよりも鮮血の口づけの方がよいでしょう。

シャドウバース TOG環境を意識したセクシー確定サーチ型ミッドレンジヴァンパイア

2017.04.07.Fri.00:00
TOG環境はドラゴンとネクロ、ビショップが多く、それらのデッキを意識したミッドレンジヴァンパイアデッキを組んだので紹介します。
参考にしたのはgame withさんととツイッターでNEZU-オルタさんのデッキレシピです。

セクシー確定サーチ型ミッドレンジヴァンパイア.TOG

採用枚数は

吸血姫・ヴァンピィ×3
バフォメット×2
鋭利な一裂き×3
眷属の召喚×3
群れなす飢餓×3
吸血鬼の古城×3
ミニゴブリンメイジ×3
吸血貴・ヴァイト×3
ワードローブレイダー×2
夜の群れ×3
歴戦の傭兵フィーナ×2
死の舞踏×2
インプランサー×3
ソウルドミネーター×2
クイーンヴァンパイア×3



以下採用理由・他の採用候補カードなど




吸血姫・ヴァンピィ

エボルヴ期からヴァンパイアクラスを支えてきたカードで、ゲームバランスやカードパワーインフレしても未だ採用され続ける強カードです。
2コスト2/2と標準的なスタッツですが、数多くのフォレストバット関連カードと組み合わせると2コストとは思えない脅威的なバーンダメージに加え、1/1が盤面を埋め尽くします。
ヴァンパイアには疾走のブラッドウルフにユリウス、糸蜘蛛など数多くの優秀な2コストフォロワーがいますが、その中でもヴァンピィは頭一つ抜けています。
他のカードとの相性を考慮し、3積みしました。



バフォメット

ファンファーレ効果で攻撃力5以上のカードを手札に加え、エンハンス5で手札に加えたカードのコストを-3するTOGのカードの中でも際立った強さです。
このカードにより、本来9コストのセクシーヴァンパイアを6ターン目に使うことができます。
TOGが実装された当初はメイルストロームサーペントが流行っており、このカードを使うとあからさまに復讐状態を警戒してくれることが多く、その場合はセクシーヴァンパイアのファンファーレ効果による5回復でかなり体力を高めに維持できます。
ミニゴブリンメイジによってサーチできるので2積みに減らしていますが、フィーナを抜く場合は3枚積みにした方が事故は起こりにくくなるでしょう。



鋭利な一裂き

ヴァンパイアクラスにとって最高のプライズカードではないでしょうか。
現環境には風の軍神・グリームニル(2/3守護)を採用したデッキが数多く存在する為、フォロワーへの3ダメージが有用に働きます。
顔への3ダメージもバフォメットをサーチしやすくするデッキの都合で2コストが少なく、序盤の動きの弱いこのミッドレンジヴァンパイアデッキにおいて、いまいち足りない打点を補ってくれるので有り難く感じます。
ビショップ相手の場合は教会の護り手を意識して、適当に2ターン目に使ってしまうことのないように注意しましょう。



眷属の召喚

幅広い用途で使えるカード。
具体的にいうと、4ターン目にヴァンピィor古城との同時に出してバーンダメージを狙う……、6ターン目に夜の群れのダメージを増やす為に使う……、このカードによって場に出たフォレストバットの自爆特攻でソウルドミネーターの攻撃力を上げる……などです。
1コスト、2コストフォロワーを積むことはできないので、そういった意味でも眷属の召喚は3積み確定。



群れなす飢餓

アグネクで採用率の高い骨の貴公子によって呼び出されるスケルトンに、死の祝福や新カードのゾンビパーティーで場に出されるゾンビを一掃できる3点除去カードです。
先述のグリームニルにも使えるので、ネクロ相手以外でも使い時には困りません。
グリームニル、ネクロの多さを鑑みて3積み。



吸血鬼の古城


このデッキはアグロヴァンプや主流のアグネクなどと比べてしまうと遅いので、詰め切れない場合もあるのですが、バーンと展開を同時にやってくれる古城は、相手にそこそこのプレッシャーをかけてくれます。
ドラゴン相手であればとっとと割るべきですが、他のリーダー相手だと維持して戦った方がよい場合もあるので、それは盤面や相手リーダーの体力と相談しましょう。
手札事故の原因にもなり得るので、採用枚数、採用自体が好みが分かれてくると思います。



ミニゴブリンメイジ

3ターン目にバフォメットを呼び込む為、3積み。
エンハンスバフォメットは5コストの為、5PPバフォメット→6PPセクシーと動きたい場合はフィーナよりも優先して入れていいと思います。



吸血貴・ヴァイト

フォレストバットを出せるフォロワーとして3枚採用。
キラーデビルとは好みや環境によって、使い分けるといいでしょう。
こちらはキラーデビルと比べ単体除去に弱いですが、ネクロのボーンキマイラ、スケルトンなどの1/1に有利交換はされません。
ほとんど何も出来ずに除去されることの方が多いですが、万が一フォレストバットを出してくれれば次ターンの夜の群れのダメージを増やしてくれます。



ワードローブレイダー

2~3ターン目の動きが弱いので、盤面を取れるこのカードの役割は大きいです。
アグロデッキ相手の場合、このカードとセクシーヴァンパイアをより多く使えるかが勝敗を分けるといっても過言ではありません。
後攻時はマリガンで絶対キープしておきましょう。
とはいえEPがカツカツなので、フィーナともども2積みにしています。



夜の群れ

2体フォレストバットを出した後、場のフォレストバットの数だけ相手フォロワー1体にダメージを与えるカードです。
除去と展開を同時に出来る上、シナジーを形成するカードの多いフォレストバット軸のデッキであれば、抜く理由がありません。
先攻時、後攻時ともに使い勝手がよいので3積み。



歴戦の傭兵・フィーナ

ミニゴブリンメイジを持ってこられる、また単純にスタッツが優秀なので盤面を取るのに使えるかと考え採用。
withさん、オルタさんのデッキレシピだと3積みされていますが、個人的には3ターン目ミニゴブから5ターン目エンハンスバフォメットを出すのが理想的なので、ミニゴブを3枚に増やしてフィーナを2枚に減らしています。



死の舞踏

エボルヴ期から主にアグロ、ミッドレンジデッキで採用率の高い確定除去。
ドラゴンやビショップなど、俗にいうデカブツを出して戦うリーダーがTOG環境に多く存在するので採用。
3積みにしたいのですが、何を抜くか悩みます。



インプランサー

体力の高い、除去されにくい疾走フォロワー。
回復、除去の強いドラゴン、ビショップには、手札から出せるバーンダメージや疾走によるバーストダメージが有効なので3積みに。
アグロヴァンプのフィニッシュカードとしての印象が強いですが。盤面の取り合いにもなかなか使えます。



ソウルドミネーター

TOGで新たに追加されたミッドレンジヴァンプ待望のフィニッシャー。
相手とこちらの盤面次第ではあるものの、進化込みで9点、10点程度は簡単に持っていきます。
相性がいいクイーンヴァンパイアは採用していません(なるべくリーダーへのダメージを優先したいので)。



セクシーヴァンパイア

相手フォロワーか相手リーダーに5ダメージを与え、5回復する効果の5/5フォロワー。
本来はコントロールヴァンパイアでフィニッシャーとして採用されるカードでしたが、バフォメットが登場したことで、紹介しているセクシー確定サーチ型のミッドレンジヴァンパイアが生まれました。
アグロデッキやフェイスデッキであれば盤面の進化フォロワー優先で除去、ビショップやドラゴンなど相手の場合、リーダーへのダメージを優先しましょう。

シャドウバース TOGカード入り復讐軸アグロヴァンプ

2017.04.04.Tue.12:00
動画で紹介した復讐軸のアグロヴァンプです。

復讐軸アグロヴァンプその1.TOG

内訳は

ゴブリン×2
蠢く死霊×3
呪剣の吸血鬼×3
ブラッドウルフ×3
サーペントチャーマー×2
レヴィオンデューク ユリウス×3
糸蜘蛛の悪魔×3
鋭利な一裂き×3
群れなす飢餓×1
復讐の悪魔×3
漆黒の契約×2
デモンストライク×2
ダークジェネラル×3
死の舞踏×2
インプランサー×2
デモンストーム×3


です。
正直ROB環境で使っていた復讐軸アグロヴァンプを少しいじった程度で

・新カード、グリームニルの追加(2/3守護で、アグロデッキでは不利な交換を強いられる)
・それに伴うアグロデッキの減少(あまり自分のランク帯では見掛けませんが、TOG環境にいるアグロデッキはアグロネクロや旅ガエルロイヤルくらいでしょうか?)
・ミッドレンジ系、コントロール系デッキの増加(新パック追加当初だとメイルストロームヴァンプ、イージスビショップ、ランプドラゴンが流行ってました。ヘクターネクロもミッドレンジデッキに分類されます)



といった点に対応できてません。
なので

・グリームニル対策(考えているのは、鋭利な一裂きに加えて群れなす飢餓をガン積みすること)
・自傷カードの枚数(自傷カードのダメージだけで自殺できるほど入っているため、他のアグロやミッドレンジを意識するなら契約をダメージなしのブラッドムーンにしたり、相性はやや悪いものの盤面を取れ、体力を2回復できるワードロなどを複数入れるなど工夫がいるだろう)



もう少し練って、安定して勝てるようになったら再度デッキを紹介するかもしれません。

シャドウバース ROB環境用に調整したフェイスロイヤルと全15戦の戦績

2017.03.19.Sun.17:30
昨日からSyhdowverse Log で戦績を付け始めました。
以下の画像はフェイスロイヤルでの戦績です。

シャドウバース 全15戦の戦績

シャドウバース 全15戦の勝率

上が新しく、下が古い対戦結果です。
~全般となっているのは、デッキタイプを判断しかねる対戦相手。
例えば一番上のウィッチ全般との対戦でエンジェルスナイプ、、レヴィ、ゴーレムの錬成などを使われたのですが、それだけだと超越orドロシーテンポ、または超越ドロシー(エンジェルスナイプを入れるのは主にこの3タイプの為)としか推察できないので、とりあえずメモに相手の方が使用したカードを書いて、ウィッチ全般に分類してみました。
序盤から小型守護を並べてくる陽光ビショップやぶん回った時のエイラ(回線落ちで敗北しましたが、盤面が不利だったのであのまま続けても負けていたでしょう)は、フェイスロイヤルだとなかなか厳しいものがありますが、ROB環境でとても多いドロシーウィッチにアグロメタでそれなりに見受けられるコントロール系デッキに滅法強い超越には全勝できました。
デッキごとの勝率を見ても、フェイスロイヤルは突出した戦績をおさめています(50%超過)し、稼ぎにかなりオススメできますね。

使ったデッキはこちらです。

誇りにかけて!誇りに!.ROB

手札事故要員になりやすいケンタウロスヴァンガードを抜き、換わりに手札で腐りにくくメイ、エンジェルスナイプ、マジックミサイルなどの1点ダメージに強い歴戦のランサーを投入した、ごく一般的なフェイスロイヤルデッキ。
エルフを見掛けないので歴戦はクノイチエッグ、やはりウィッチが多いため選択除去を許さない、味方フォロワーに潜伏付与できる闇を纏う暗殺者を入れるのが環境に合っているとおもいます。
短い記事ですが、読んでいただきありがとうございました。