このクソブログにしてこの管理人 

2024.07.09.Tue.00:48
愚痴、自分語りになりますが、すいません。
更新を停止していた頃はロクに書き上げもしないくせに、認められたいとつまらない自己顕示欲ばかりが増して創作に嫌気がさしていました。
そしてクソブログ管理人は更新さえすればたとえ粗製乱造のゴミクズであってもアクセス数を稼げると、原稿用紙一枚にも満たない稚拙な描写の駄文を毎日書いて、ランキングだのに一喜一憂して、どうしようもなく惨めだったと、今更ながら思います。
実際まともに描写と呼べるものは皆無で、ただひたすら説明、比喩を繰り返す書き殴りばかり、全ては管理人の無能が招いた結果。
当然、誰かに評価されるわけもありません。
結局は楽したかったのです。
たかだか一枚分、書いて終われると。
更新を断ち、ゲームの記事を書いて拍手なんか貰えると嬉しい反面これでいいのかと、心底喜べずに居たのは創作への無責任さに由るものでした。
にも関わらず、自分では無くゲームを責めて慰めていました。
こんなゴミ記事を投稿したのは、誠意を見せる為にも半端に書くのはもう終わりにしたいからです。
来月で丁度一年経ちますので、この機会に変わりたい。
私事ですが戒めの意味を込め、一番見えやすい所に投稿させてもらいます。

2014年7月9日

ここからは自分語り。
創作活動を行う人は自分含め、布教活動、修行等の為に各地を転々とする遊行僧として映ります。
家庭も持たず屋外で野営をして、ただ自分の信じる教えを伝えんとする精神性など自分は持ち合わせていませんし、個人の価値観と思想、宗教を一緒くたにするのは荒唐無稽に思われるかもしれませんが、場所や時代を問わず、一瞬でも感性を共有出来たならそれは物書き、表現者としての喜びとさして変わりません。

最後に創作活動をする人達へ。
評価は他者が決める指標でしかないので、それを絶対とするのはあまりに危険。
気にしている人はランキングだのコメントだの見ないよう習慣付けるのが、一番です。
悪く言われた訳でも無い、特に文句の無い作品ってこと? なら別に良いかと片意地張らずにやれるのはアマチュアだけなんですから、それを苦痛にしてしまうのはあまりに勿体無い。
多くの人に見られるまで、評価は無い物と扱うのが賢明なんじゃないでしょうか。

以上過疎ブログ管理人の戯言でした。
スポンサーサイト

シャドウバース ROB環境用に調整したフェイスロイヤルと全15戦の戦績

2017.03.19.Sun.17:30
昨日からSyhdowverse Log で戦績を付け始めました。
以下の画像はフェイスロイヤルでの戦績です。

シャドウバース 全15戦の戦績

シャドウバース 全15戦の勝率

上が新しく、下が古い対戦結果です。
~全般となっているのは、デッキタイプを判断しかねる対戦相手。
例えば一番上のウィッチ全般との対戦でエンジェルスナイプ、、レヴィ、ゴーレムの錬成などを使われたのですが、それだけだと超越orドロシーテンポ、または超越ドロシー(エンジェルスナイプを入れるのは主にこの3タイプの為)としか推察できないので、とりあえずメモに相手の方が使用したカードを書いて、ウィッチ全般に分類してみました。
序盤から小型守護を並べてくる陽光ビショップやぶん回った時のエイラ(回線落ちで敗北しましたが、盤面が不利だったのであのまま続けても負けていたでしょう)は、フェイスロイヤルだとなかなか厳しいものがありますが、ROB環境でとても多いドロシーウィッチにアグロメタでそれなりに見受けられるコントロール系デッキに滅法強い超越には全勝できました。
デッキごとの勝率を見ても、フェイスロイヤルは突出した戦績をおさめています(50%超過)し、稼ぎにかなりオススメできますね。

使ったデッキはこちらです。

誇りにかけて!誇りに!.ROB

手札事故要員になりやすいケンタウロスヴァンガードを抜き、換わりに手札で腐りにくくメイ、エンジェルスナイプ、マジックミサイルなどの1点ダメージに強い歴戦のランサーを投入した、ごく一般的なフェイスロイヤルデッキ。
エルフを見掛けないので歴戦はクノイチエッグ、やはりウィッチが多いため選択除去を許さない、味方フォロワーに潜伏付与できる闇を纏う暗殺者を入れるのが環境に合っているとおもいます。
短い記事ですが、読んでいただきありがとうございました。

シャドウバース ルミナスナイト採用型フェイスロイヤル

2017.03.17.Fri.00:55
最近、またんやり始めたシャドウバースのルミナスナイト採用型のフェイスロイヤルデッキ紹介です。

ルミナスフェイスロイヤル.ROB

採用枚数

ゴブリン×2
クイックブレーダー×3
ヴァンガード×3
師の教え×2
天弓の天使・リリエル×2
オースレスナイト×2
不屈の兵士×3
ケンタウロスヴァンガード×2
ルミナスナイト×2
プリンセスヴァンガード×3
ノーヴィストルーパー×3
わがままプリンセス×3
スフィフトペネトレーター×1
ホワイトジェネラル×2
死の舞踏×2
レヴィオンセイバー・アルベール×3
アルビダの号令×2



大きな変化はないですが、簡潔にデッキを紹介していきます。
1コストのゴブリン、ヴァンガード、クイックブレーダーはなるべく1ターン目に引きたいので合計8枚ほど。
特にクイックブレーダーは使い勝手のいい疾走持ちで、序盤から終盤の詰めまで活躍するので三積み安定。
この三種の合計枚数は個人の好みがわかれるとおもいますが、フェイスロイヤルデッキだとだいたい1コストフォロワーは6~9枚程度は入っているかと。
師の教えは打点を上げるのにも優秀ですが、プリンセスヴァンガードに使えば危険なフォロワーの多い2/2を一方的に倒せるのもえらいぞー♡。
リリエルは2/2と標準的なスタッツでありながら、進化で相手フォロワー、もしくは相手プレイヤーに1点飛ばせるので採用。
オースレスナイトはルミナスナイトとの兼ね合いで2枚投入していますが、一応自由枠。
不屈の兵士は次のターンまで残ってくれればコスト以上の働きをしてくるフォロワーであり、ケンタウロスヴァンガードや1コストフォロワーが1ターン目に出せなかった際のプリンセスヴァンガードなどと違い、2ターン目に安心して出せるので多めに入れています。
ケンタウロスヴァンガードは後攻4ターン目のルミナスナイト+ケンタウロスヴァンガードの動きがなかなか強く、上手くハマれば一気に相手HPを一桁まで減らしてくれます。
ルミナスナイトは(特に採用理由)ないです。
プリンセスヴァンガードは1コストフォロワーの打点を上げ、早い段階で相手HPを削れるようになり、また倒されにくいスタッツの指揮官なので、生き残れば前述のケンタウロスヴァンガードに繋げやすい利点があります。
1/1にバフ後のクイックブレーダーを相打ちさせないように盤面を取る役割も持っています。
地味ですが、縁の下の力持ちですね。
ノーヴィストルーパーはクイックブレーダー同様、速攻デッキに必要不可欠な疾走フォロワーなので何も考えず3積み。
コントロールロイヤルではブリッツランサーに枠を譲ったものの、フェイスロイヤルではまだまだ現役です。
わがままプリンセスは3コストの癖のない指揮官(不屈の兵士の打点底上げ、ケンタウロスヴァンガード)として。
スフィフトペネトレーターは味方を進化させて殴れば、簡単に潜伏付与の4/2になり非常に強力です。
いろいろ枚数を調整できるカードはありますが、1、2枚で充分かとおもい、迷った末ピン挿しにしました。
ホワイトジェネラルは味方兵士の打点を+2できるのもいいですが、進化で5/5になるので、フェイスロイヤルでも処理しなければまずいフォロワーや大型守護(レヴィ、ユリウス、ヴァンピィ、オーレリア、ゴブリンマウントデーモンなど)などを殺すのに便利です。
死の舞踏は大型守護用。
ブロンズで作成に必要なエーテルも少ないのに、未だアグロ系デッキでは2、3積みされる強カードです。
2点が勝負を決めてくれることもザラなので、死の舞踏もとりあえず2枚挿してOk。
アルベールは素で3/5、進化で5/7という化け物じみたスタッツでありながら、疾走までついている、御旗以外のロイヤルデッキであれば3積み確定のカードです。
最後は見切れていますがアルビダの号令2枚。
アルビダの号令で召喚されるヴァイキングとアルベールが与えられるダメージは素で3、進化で5と同じなので、アルベールを複数枚引けば、5ターン目、6ターン目ともにアルベールを場に出せばいいかとおもい、2枚に減らしました。
パイレーツで守護を倒しつつ、ヴァイキングでダメージを入れられるので、アルベールもアルビダもどちらも甲乙つけがたいですが他のカードの採用枚数を見直していくと、最終的にルミナスナイトが入れ換え候補になるからね、しかたないね(レ)
以上でデッキ紹介終わりっ、読んでいただき、ありがとうございました。

period zero(ピリオドゼロ) EX04のスフィンクスを入れたバーンデッキ紹介

2017.03.11.Sat.00:30
今回紹介するのは、EX04で追加されたスフィンクスを入れたバーンデッキです。
輪廻の拷問具を使ってちびちびとダメージを与えるデッキでありながら、かなりの速度でHPを削りきる構築になっています。





以下設定スキル、採用理由、その他採用候補など



おすすめスキルは生存本能&瞑想。
生存本能に関してはターンを稼いでバーンダメージを少しでも増やす為、瞑想は1ターン目に発動してくれれば、2ターン目からイカロスor青龍のアビリティを使える為に設定しています。
1ターン目以降は毎ターンスフィンクスを場に出すので、火属性が弱点の木属性軸のデッキであれば、轟炎の加護、火炎の牙といった前衛:火属性を配置するのが条件のスキルで、攻撃によるダメージを増やすのもあり。



スフィンクス

このデッキの軸になるカード。
ツイート通り、スフィンクスのアビリティは発動した回数分だけ10ダメージを与える効果があるのですが、その10ダメージに黒い翼イカロスのダメージを30増加させるアビリティ、青龍のアビリティによるダメージを20~120増加させるアビリティは併用可能です。
前衛か後衛に配置し続ける必要こそあるものの、黒い翼イカロス、青龍配置時の総ダメージ量はかなりエグイです。



黒い翼イカロス

このデッキの軸となるカードその2。
この進化イカロスと類似するアビリティは自分の知る限りなく(あったらすいません)、このアビリティは先述の通り青龍、ヤマトタケルなどのアビリティによるダメージを増加させるアビリティと併用できます(青龍、ヤマトタケルを同じターンに配置した場合、後衛のアビリティのダメージ増加量が優先されるので、これら2枚を同時に配置するメリットは全くない)。



青龍

このデッキの軸になるカードその3。
アビリティによるダメージをダメージを最大120まで上げられるので採用。
相互互換ともいえるヤマトタケルもあるものの、後半の効果を生かそうとすると(ちなみにスサノオがヤマトタケルと相性がいいです)スフィンクスが配置できず、早期決着を目指すのであれば不必要だと感じ、最終的に青龍を選択しました。



ドリュアス

自由枠。
はっきりいってスフィンクス、黒い翼イカロス、青龍の3枚があれば勝てるデッキの為、適当なカードでも構いませんが強いていうなら、一枚で時間稼ぎの行えるカードが理想。
アビリティの使用回数に応じて性能の上がるパーシヴァルやフレイアなどのカードは黒い翼イカロス、青龍とスフィンクスを同時に出し辛くなるので除外し、属性の偏りを出さないため、また後衛攻撃力が高いので、全体的に低い打点を補ってもらうことを期待して木属性のドリュアスを採用しました。




私事ですが前回のべリアルデュラハンデッキはある方にリツイートされていました。
そのリツイートされた方のこのデッキは戦乙女の盾で止まるから~輪廻の拷問具が弱点だから~という指摘が、いちいち嫌みったらしく感じブロック、数少ないフォロワーの方も以前ゲーム名を暴言付きで晒してきたアレな人の話題を出していたためブロック(間接的にも関わりたくないので)。
本当に自分の殻に閉じこもった人間だなぁ、としみじみ感じます。

period zero(ピリオドゼロ) 最速3ターン目決着のべリアルデュラハンデッキ

2017.03.09.Thu.17:00
ツイッターの方にアップロードしたデッキ画像を、若干改善、改良したデッキを紹介します。
べリアルデュラハンデッキと銘打っているのはこの2枚が軸だからです。
下のツイートは元のデッキ。



以下設定スキル、採用理由、他の採用候補など

管理人がこのデッキをを使う際におすすめするスキルは瞑想。
祈りを叶えるジンを1ターン目に前衛、後衛に置かず、かつ瞑想のスキルが発動すればAPが3になり、最速3ターン目にべリアルのアビリティを使用できます。



べリアル

HP100以下で、自らのデッキのユニットが全て魔人で構成されている場合、攻撃力を+666するユニット。
前衛攻撃力、後衛攻撃力をともに+666してくれるので、絶倒の剣とアーサー(進化フェンリル、ナタクなど)、トールを使用したコンボのように、前衛の属性が固定されないのも魅力だとおもいます。
ただ後述するデュラハンがいないと、アビリティ発動は難しい。



デュラハン

HPを1にする代わりに、そのターンのユニットの攻撃によるダメージを0にするアビリティを持っているカード。
べリアルのサポートとしてこれ以上ない相性のカードですが、相手ユニットのアビリティやSPカード(輪廻の拷問具など)によるバーンダメージは軽減できないので、そのデメリットの影響を受けない相手に、このデッキを使った方がよいでしょう。



祈りを叶えるジン

自身を除いた味方ユニットのAPを2増加させるカード。
デュラハンのアビリティ発動に必要なAPは4なので、2ターン目にデュラハンのアビリティのアビリティを使用する場合AP増加手段が必要になります。
(魔人でユニットのAPを増加させられるのは、ジン、進化ジン、アスモデウスのみ)
今紹介したべリアル、デュラハン、AP増加ユニットは最速で決着をつけるのであれば必須です。



吸血伯爵ドラキュラ

ランダムでHPを20~120回復させるアビリティを持つカード。
採用した理由ですが、速度7(lv10時点)と非常に早いので先手を取り易くなり、また先に述べたように輪廻の拷問具がこのデッキには刺さるので、50程度回復してくれれば輪廻の拷問具によるバーンダメージでの即死圏外にしてくれるドラキュラが、イフリートの代わりに入りました。



他採用候補カード

SPカード 落星の矢

最速3ターンでの勝利を目指す場合、現在使用しているSPカードの天空の翼はチャージ3の為に使用できないので、チャージ1、チャージ2のSPカードが採用候補になります。
その中で速度を上昇できるSPカードがこのカードのみなので、天空の翼以外が良いのであれば、真っ先に採用候補に挙げられるでしょう。



短いですが記事はこれで終わりです。
読んでいただき、ありがとうございました。