FC2ブログ

ファンタジー小説「迫害されし冒険者たち」 あらすじ 登場人物一覧

キャラメイクファクトリー 自作一次小説キャラクター
05 /15 2018
「邪神復活をもくろむ魔女、シャーリーを討ったものに、莫大な富を与える」
ルクス大公国の大公の言葉を聞きつけ、ルクスの酒場には腕に覚えのある、冒険者たちが集っていた。
「魔女を倒すのは俺だ」
「いいや、俺だね」
酔っぱらった男たちが言い合いをしていると、齢16歳の少年とローブを被った女が現れた。
「誰か、洞窟まで道案内をしてくれないか」
彼らが尋ねると案内役に紹介されたのは、魔術師リチャード。
だが、彼を連れていくと決めた二人を、地元の冒険者たちや酒場の店員たちが嘲笑っていて……?。

ハイファンタジーもの。
昨今、流行りの異世界転生~ではなく、異世界人が異世界を旅する、ごく普通のファンタジーです。
この小説と並行して、『幻獣図鑑』という、モンスターたちの設定資料のようなものを書いていきます。
簡単に言ってしまえば、wizardryでいうところのモンスター図鑑。


主要キャラ

ヘンリー・W・エヴァンス

男主人公。種族ヒューマン。ジョブは戦士。16歳。身長155㎝、体重63kg。
小型モンスターの頭骨を砕くための手斧と、柄が長く、刃幅を薄くして取り回しの良くなった戦斧を愛用している。
幼いころから生物に対して興味を持ち、世界に生息する幻獣たちを直接目にするために、冒険者になった。
後に『幻獣図鑑』という著書を書き残す。
ミドルネームのWはウィリアムで、愛称はウィル。



イングリッド・ルンドクヴィスト

ヒロイン。種族エルフ。ジョブは格闘家。16歳。身長167㎝、体重62㎏。
モンスターとの戦闘を想定した格闘術で、自分よりもはるかに巨大なモンスターをなぎ倒していく、逞しい女性。
エヴァンスとは幼馴染で、特別な絆で結ばれている。
昆虫が大の苦手。
ルクス大公国内では、シェリルと名乗る。



リチャード・マクリーン

種族ヒューマン。23歳。ジョブは魔術師。身長168㎝で、体重64㎏。
「迫害の冒険者たち」世界における『ヒューマン』の平均身長は、157cmなので、リチャードはかなりの長身。
酒場で一人、だんまりを決め込んで酒を嗜む、陰気臭い男。
我こそは六柱の神の寵愛を受けた魔術師と豪語しているが、周りのリチャードへの反応は冷ややかで……。



サブキャラ

ベラ

ルクス大公国の酒場の一人娘。
気が強く、酔っ払った客にも臆せず注意する。



以上で登場人物紹介は終わりです。
登場人物が増え次第追記、修正していきます。
現在書いている恋愛・水泳小説のPIKE STARTと並行してやっていきます。
こちらは適当に書いていくので、1話300~500文字程度、会話文多めになるでしょう。
さて、皆さまはウィザードリィというご存知でしょうか。
RPGゲーム界の始祖ともいうべきゲームで、お宝を持ち帰って道具屋で鑑定、馬小屋で寝て……という単純なサイクルを繰り返し、広大なダンジョンを手探りで進んでいくのですが、なぜかゲームの冒険者と、自分に一体感を覚えてしまうんです。
ウィザードリィ系のゲームで、エルミナージュというゲームがあり、それに影響を受け(といっても最後にやったのは1、2年前ですが)、此度書こうと思い立ちました。
はてなのがらくた?の小説ブログの、がらくた?という部分は、ダンジョンで拾った鑑定前のアイテム名にちなんでいます。
異世界舞台のハイファンタジー小説は、前々から書きたかったので楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

yuu_garakuta

FC2ブログへようこそ!