FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルクレプス大陸英雄譚 第一話 差別

アルクレプス大陸英雄譚
11 /22 2018
石畳の通りの路端には数多くの屋台が並んでおり、ルドルフは幾分か道が狭苦しく感じた。
ルクス大公国伝統の木彫りのワタリガラスの工芸品、野菜を煮詰めたスープ、様々なものが灰色の道に彩りを添えている。
中でもルドルフの目を惹いたのは、熟しきっていないリンゴが堆(うずたか)く積まれている屋台だった。
その光景は、まるで人の手が入っていない山のようだ。
目を閉じると、胸の奥が清々しくなるような甘い香気が漂ってくる。
「親父、リンゴ一個くれよ」
「ん、あいよ」
獣人の大男が銅貨を数枚老人に手渡す。
ギョロリと目を見開かせ、一枚一枚丁寧に枚数を数えると椅子から立ち上がり、リンゴのヘタをつまんで、彼に握るよう促した。
「あんがとよ、親父」
感謝を述べ、歩きながら勢いよくガブッと一齧りすると、瑞々しい果汁が獣人の口元から滴り落ちていく。
その姿を見て、ルドルフは朝食からだいぶ時間が経ち、腹が減っていることに気がついた。
人が美味しそうに食べているのを見ると、ついつい購買意欲がそそられてしまう。
今の手持ちはどれくらいだろうか。
手に持った革製の巾着袋を開きつつ、ルドルフは屋台に意を決して歩み寄る。
「あの、リンゴを売ってもらえますか」
「はいはい……ヒッ、エルフ!?」
老人は怯えた素振りを見せる。
「あの……」
「シッシッ、あっちいけ。商売あがったりだ」
鬱陶しそうに、老人はルドルフを追い払う。
なに、いつものことだ。
落ち着け、ルドルフ。
目を閉じ深呼吸をして、ルドルフは苛立ちを抑えた。
ルクスに着いてから数ヶ月経過しており、彼自身はあからさまな差別にも慣れたと思っていた。
しかし、こうも拒絶されるとさすがに堪えるものがあった。
エルフが敵視されるようになったのは、約八十年前の出来事が原因だ。
≪太陽と月の代理戦争≫と呼ばれた戦争によって、人間やオーク、ゴブリンたちと夜闇の森に住まう≪月の民≫の間で軋轢が生じたのだ。
戦いは《耳切公》などと恐れられたベルンハルド、妖精王ビョルン、アルクレプス大陸一の射手と称えられるグンナルの三英雄が、十数万もの軍勢を下し《月の民》が勝利を収めた。
それ以来ルクスと《月の民》の間に国交はなく、緊張状態が続いている。
よく知らないものを恐れるのは、当たり前のことなのだ。
父から旅先での出来事を聞かされていたからか、エルフが避けられることもルドルフは想定していた。
ここは人間と獣人(ワービースト)、及びそのハーフが人口を占める都市だ。
特に自分のように、人間でもエルフでもないハーフなら尚更生きづらいだろう。
この国では。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

yuu_garakuta

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。