FC2ブログ

シャドウバース アンリミテッド alt環境対応のフェイスドラゴン紹介+α(alt環境対応オシリスミドネク)

シャドウバース
12 /29 2018
最高の偶像を作るので初投稿です。
私事ですが、今までデッキの画像は横幅を500に一々サイズを変更しました。
ですが文字や数字が潰れて見づらくなりますから、今回からはデッキ画像はシャドウバースポータルに登録したデッキをスクショした後に切り取って添付していきます。
こっちより

スクリーンショット (91)

こちらの方が、どのカードが何枚使われているか、一目瞭然ですな。

スクリーンショット (83)


ちなみに添付したのが今回紹介するデッキになります。
長くなりましたが、早速採用理由など述べていきます。



コスト1

シンプルにゴブリン、アイボリードラゴン、侮蔑の信者、侮蔑の炎爪3枚づつ。
1コスト9枚は多いかとも後攻時に出したいのは1/2ですし、アグロデッキである以上序盤で削っていきたいので。
基本侮蔑の信者は1ターン目に出すよりも2ターン目ゴブリンorアイボリーと同時、もしくは侮蔑の従者と一緒に展開していきたいですから、その分のゴブリン、アイボリーガン積みと考えてます。
炎爪は相性の良い従者がいますし、体力2以上の低コストフォロワーが多く積まれている為、余った1ppで邪魔な小型を処理できるのが便利なので3積みに。

2コスト

ドラゴサモナー、アイラ、フィルレイン、侮蔑の従者、侮蔑の狂信者3積み。
注目してもらいたののは、新カードの侮蔑の狂信者。
自分と敵のフォロワーにランダム1点与える効果があります。
ちなみにこちらに侮蔑の狂信者以外の生物がおらずとも、相手にしっかり1ダメージを飛ばしてくれます。
先行2ターン目に2/2を出され、仮に1コストフォロワーを倒されても、このカードで簡単に対処できてしまうといえば、このカードの強力さが分かりやすいでしょうか。
ブロンズとは思えない汎用的かつ強力な効果ですが、どちらかといえば先行より後攻で強い使用感でした。
他の面子は、前環境のフェイスドラゴンを支えた面々で、特に抜くカードは思いつきません。
ですが、2コスト2/2でしかないアイラを3枚積むより、ムシュフシュを数枚突っ込んだ方がいいのかもなんて思ったり。

3コスト

竜友の少女3積み。
横展開できる為、他のフォロワーの数だけ1/0するアイラとの相性が良く、ベビーファイアドレイクは盤面を優位に持っていくのに使えるので。

4コスト

侮蔑の使徒は1枚挿しで、個人的に好きなカードなので自分の色を出す為に採用。
ヒッポグリフが6コストにされてしまい、アイラ、フォルテだけでは引けない事故が怖いので、デッキ内の疾走フォロワーを増やす目的もあります。
普段は1/4とパンチが足りませんが、侮蔑の信者、炎爪と合わせて使えば5コスト3/4とアルベールにも似たスタッツの疾走持ちに化けます。
実際に使ってみて、コンボ前提だが強い平均的なデザイナーカードという感想に落ち着きましたが、とても強そうに見えたのを覚えています。
蓋を開けてみれば、ろくに使われていなかったという悲しみが……。
ですが侮蔑の狂信者という彼女を生かす仲間が増えた今、この瞬間が彼女が輝く時だと勝手に思っています。

5コスト

ナーフされましたが、強さは未だに健在。
シャドウバースの強カード特有の顔面ダメージを完備しており、MrシャドウバースならぬMsシャドウバースと呼ばれるのも時間の問題でしょう。
我こそは軍神、踊り狂う暴風、グリィィィィィムニルゥ(幻聴)。
天侵す者、灰と化すべし(幻聴)。

6コスト

フェイスドラゴンにおいて、昔から採用率100%のカード。
それがフォルテとアイナ。
(これ以上特に説明することは)ないです。



所々適当になりましたが魂同様、ゲーム記事も鮮度が大事ィなので、雑な部分はご容赦ください。
最後に、フェイスドラゴンと自傷ヴァンプにエーテルをつぎ込んでしまったせいで、現状は組めないネクロデッキを軽く紹介して、次で本当にお終いです。

スクリーンショット (88)

冥界の番犬・ケルベロスは一枚も引けず終いでした(半ギレ)。
新カードは悪意の憑依のみ。
オシリス採用型のミドネクで、フランは相性が悪いので不採用。
今環境でも自傷ヴァンプやフェイスドラゴンが流行るのなら、ミドネクもそこそこ戦えると思います。
長文、乱文失礼しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

yuu_garakuta

FC2ブログへようこそ!